長崎くんち 2013 本石灰町 傘鉾・御朱印船

16世紀末から17世紀初頭にかけて海外渡航許可証である朱印状を得て海外交易を行った朱印船。荒木宗太郎は船主として自ら朱印船に乗り込み長崎から東南アジア諸国における貿易を行っていた。本石灰町の御朱印船はその荒木宗太郎がベトナム王族の娘を妻として迎え、長崎へ戻った物語を表現している。


ライター

久保 圭樹

フォトグラファー

久保 圭樹

Nagasaki365の発案・企画・設計、Webデザイン、写真撮影などを担当。普段は企業のWebサイトの企画・設計、デザイン、Webマーケティングのコンサルティングなどを仕事にしています。

https://nb-a.jp