[Scene No.2] 深き青い海「高島」

長崎市大波止ターミナルよりコバルトクイーン号で35分の高島。ユネスコの世界文化遺産入りを目指す「明治日本の産業革命遺産」の構成資産となっている高島北渓井坑跡があるなど、今注目が集まる場所だ。

しかし同時に、自然豊かで海のレジャーが盛んな場所でもある。これからの季節、週末になると海水浴、シーカヤック、シュノーケリングなどが楽しめる青く美しい海を求めて、多くの人たちが高島に集まる。

 

青い海に囲まれる高島の全景

 

高島海水浴場、海のレジャーを楽しめる。

 

三菱高島鉱業所跡沖合から軍艦島を見る。

 

小島沖(高島)、岩場に打ちつける波が砕ける。

 

高島の教会。信仰深い人たちが今も暮らしている。


ライター

山崎 政幸

フォトグラファー

山崎 政幸

協同組合日本写真家ユニオン正会員。2014年Jリーグ・オフィシャルフォトグラファー。風景、旅行写真、ドキュメンタリー、スポーツ写真を撮ります。