[Scene No.3] 夏の避暑地「龍頭泉」

清らかな川が流れせせらぎが聞こえる。

長崎っ子なら地区や学校のイベントで一度は訪れるところ。

川遊びが楽しい子供たちに人気の場所。

 

霧降りの滝 高さ55mmの雄大な滝

 

木葉不浮淵 山の木々から落ちてくる木の葉が、すぐに沈んでしまう様子から木葉不浮淵と呼ばれている。

 

龍頭泉 1845年儒学者の広瀬淡窓が千綿渓谷を一匹の龍に見立て、八間滝と呼ばれたこの滝を龍の頭と称し、龍頭泉と命名した。

 

大きな岩に龍頭泉と刻まれている。

 

龍頭泉に遊びに来た外国人たち

 

龍頭泉の小さなお地蔵様


ライター

山崎 政幸

フォトグラファー

山崎 政幸

協同組合日本写真家ユニオン正会員。2014年Jリーグ・オフィシャルフォトグラファー。風景、旅行写真、ドキュメンタリー、スポーツ写真を撮ります。