2013年8月15日、今年も精霊流しが行われました。

今年も8月15日に長崎市を始めとする長崎県内各地で精霊流しが行われました。 精霊流しは初盆を迎えた故人の家族、親族らが、精霊船と呼ばれる手作りの船に故人の霊を乗せ、街を練り歩きながら極楽浄土へと送り出す行事です。毎年8月15日の夕方から始まり、爆竹の破裂音や掛け声、鐘の音などが交じり合う中で行われます。仏教行事でですが、その雄大さから多くの見物客で溢れかえります。

Photo


ライター

久保 圭樹

フォトグラファー

久保 圭樹

Nagasaki365の発案・企画・設計、Webデザイン、写真撮影などを担当。普段は企業のWebサイトの企画・設計、デザイン、Webマーケティングのコンサルティングなどを仕事にしています。

https://nb-a.jp